丁寧な消毒でノロウイルスの繁殖を止める

サイトマップ

トップバナー

消毒その2

普通の洗濯では他の洗濯物にノロウイルスがつく

普通の洗濯のみでは、他の洗濯物にノロウイルスがついてしまうので、対処している間に自分にウイルスがついてしまうケースもあるでしょう。衣類、布、布団は、ウイルスを洗浄している間に、まわりに飛び散らないよう、水の中で、洗剤を投入し水の中で洗浄しなければなりません。水しぶきが発生しないよう静かに洗浄しなければはならず、水しぶきも、口で吸い込むことはぜったい避けてください。

そして、ノロウイルスをまわりに飛ばさないように丁寧に手洗いで洗濯することが必要となるでしょう。 下洗いを終えたら、その場所やまわりは、念のため、200ppmの消毒液を使用し、掃除しなければなりません。のち、専用洗剤で更に掃除が必要となるでしょう。洗浄した所にもノロウイルスが残っているケースがあるので、気を付け、のちの手洗いもきちんとしなければなりません。

熱湯消毒

丁寧に下洗いが終了したら、85度以上の湯で1分間以上、熱湯消毒をします。湯が使用できない時、さっきの、ペットボトルに作成した消毒液を使いましょう。5倍に希釈した、200ppmの次亜塩素酸ナトリウムで、きちんと消毒することが可能となります。洗濯が終了したら、水で丁寧にすすがなければなりません。

のち、天日干しも効果的ですが、本当は高温で乾かす、乾燥機を使用するとノロウイルスを死滅出来るのでオススメです。だけど、この際に気に掛けることは、乾燥機の排気となります。部屋中に排気される時は、ウイルスが室内に撒き散らされる危険性があるのでやってはダメです。

乾燥機

ノロウイルスの患者の汚れた衣類を触る時、乾燥機の排気が外に可能な家のみで、乾燥機を使用してください。処置する場合は、直接、嘔吐物に触れないよう、使い捨て可能なゴム手袋を付けなければなりません。

嘔吐や下痢した汚物にノロウイルスは、沢山含まれているので、こういった家庭での消毒は感染を膨大にしないためにとても大切なことです。更に、寒い時期にはこういった対処が必要と考え、消毒液の作成方法や、消毒の仕方は頭に入れておいたほうが効果的といえるでしょう。そして、こういった汚染物の掃除は、抵抗力がある大人が行わなければなりません。

ポイントイラストきちんと加熱を
貝

高齢者や小さい子供は、感染する可能性が高く、感染し悪化しています場合もあるので、処理には加わらないようにしなければなりません。更に、掃除している所から、幼児や高齢者は、距離を置かなければなりません。更に、ノロウイルスの消毒と言うなら、やっぱり、食材、そういったものにウイルスを殺す必要があるので、調理に使用する器具も加熱などで消毒しなければなりません。

ノロウイルスの根元と考えられる二枚貝は、きちんと加熱したのちに食べましょう。基準として言われているのは、貝の中心部まで、温度は85度以上、時間は1分間以上の加熱が必要です。そして、生野菜、果物など、加熱処理を行わずに食べる食材のケース、既に流通した経路でノロウイルスがついてる場合もあるのです。加熱を行わず食べるものは、しっかりと水で洗えば少しでも感染を防ぐことに繋がるでしょう。

ノロウイルス感染の基礎知識