目に見えた特徴を知って予防するノロウイルス

サイトマップ

トップバナー

ノロウイルスの特徴

PCR法

ウイルスの遺伝子解析技術も日々、進化してます。「PCR法」と言う検体により、病原菌の遺伝子を離し、遺伝子の配列の調査が出来るようになったのです。これにより、ノロウイルスが確認出来るようになっったのです。更に、2002年、第12回目の国際ウイルス学会で、今、使用されている名前、ノロウイルスと決定したのです。

そして、サッポロ様ウイルスは、「サポウイルス」と名前が付けられました。2002年まで「何とかのようなウイルス」という名前で呼ばれていたウイルスが、特定され、完全な名前が決定したのです。ノロウイルスは感染者の年齢も幅広く、乳幼児から高齢者、広い年齢層で患います。ウイルスが体内に侵入すると、急性胃腸炎を起こしてしまいます。

飛散するウイルスから感染する

更に一年間で、11月から3月の寒い時期に流行ってしますが、他の期間であったとしても、発症者は存在します。特徴とし、急性胃腸炎になり、下痢のみではなく、嘔吐を発症します。下痢のみの症状だとしたら、ウイルスが混入した便はお手洗いで流され、二次感染も起こりません。

だけど、嘔吐のケース、ウイルスに感染しないよう正しく清掃を行い、消毒を行わなければ、お手洗いの床にもウイルスが付着していることとなります。更に、空気中にウイルスが飛び、感染する人が増加傾向にあります。なので、手洗いを厳重に行い、食事の前だけ心がければいいというのではなく、こういった飛散するウイルスから感染するのもノロウイルスの特徴です。

大きな特徴

消毒液できれいに

ノロウイルスは、その大きな特徴とし、消毒薬で、抵抗性が強いということも発表されています。ウイルスの病原菌だとしたら、消毒すれば大丈夫と過信していますが、ウイルスにより、消毒液に抵抗力があるウイルスもあるのです。これにはとてもびっくりです。

これらノロウイルスの特徴となりますが、宿主細胞の膜がないので、アルコール、高温など、消毒に対する抵抗性がとても強いです。二重の膜になっているのは、エタノールにより破壊が可能ですが、ノロウイルスの細胞は膜が存在しません。なので、消毒を行えば心配ない言うことではないのです。対策を複数、併用して行うのも必要不可欠となります。

少量のウイルスでも危険
清潔なタオル

その他 更に、乾燥や酸にも抵抗力があるので、水中でも長時間、生存可能なウイルスとなり、撃退することがとても困難なものとなります。感染力が強く、いろいろな消毒に対し抵抗力もあるので、大流行するのにも納得できます。どこまで感染力が強力かと言うと、たった10個の少ないウイルスだとしても、発症する場合があるので、少量のウイルスだとしてもとても怖いものです。

更に、ノロウイルスの増殖の特徴とし、人の腸管内だけで増加しています。更に、ノロウイルスの特徴と し、様々な遺伝子の形が存在し、一度、過去に感染した方で、異なったノロウイルスに感染してしまったりし ます。そして、同様に様々な型のノロウイルスに感染してしまうので、こういった特徴もあるのです。 どのタイプのノロウイルスに感染しているのか、というのもここからおわかりのように非常に大切になります。

ノロウイルス感染の基礎知識