ノロウイルスの病状と診断を知り早めの通院を

サイトマップ

トップバナー

症状や診断

発病するのは冬の間のみ

ノロウイルスは、感染性胃腸炎、また、食中毒を起こしますが、こういったものは、一年を通して発病するのですが、ノロウイルスが根元で発病するのは冬の間のみです。食中毒は夏などの時期に起こりますが、ノロウイルスの発症は寒い冬に起こるので、反対の病気だといえるでしょう。食中毒の根元になるその他の菌は、ひとたび、食品で増殖して、食中毒に結び付けてしまいます。

だけど、ノロウイルスは増える必要はないので、少しだけでも、付着したのみで食中毒を患わせます。更に、体内に侵入したノロウイルスは、人の腸の中で増加していきます。病状として、あなた方も知っているように、嘔吐、下痢、更に、腹痛を患わせます。更に、風邪に似た症状のみが確認される人も多くいるので、大人は下痢が長引き、お子様は嘔吐する場合が多く確認されています。

微熱が継続されていく

熱はそこまで高熱はならないことが多く、微熱が継続されていくでしょう。更に、ノロウイルスに感染したのち、病状が確認されるまで、分かりやすく言うなら、潜伏期間は1日や2日程度と、かなり短いです。ノロウイルスで死亡する人もいるのですが、そういったケースのとき、もともと基礎体力が低い乳幼児、高齢者といったケースだといえます。

こういった人の場合、ウイルス感染プラス、合併症を患い、病気が長く続いたり、ひどくなり亡くなったりする場合もあるのです。嘔吐、下痢といった症状が継続される時は、合併症さえ発症しなければ、短く治るようですが、この期間は、体内から水分が奪われてしまいます。なので、脱水症状も患ってしまうので水分補給が必要不可欠となるでしょう。

診断

家族イメージ

冬の間、その猛威を振っているノロウイルスですが、みなさんは感染したことがありますか?また、ご家族の方が感染したことはあるでしょうか?特にお子さんは嘔吐、下痢を繰り返し、何も食べられなくなってしまうようで本当にかわいそうですよね。また、幼稚園や学校で集団的に発症した場合、クラス閉鎖になることもあり、インフルエンザ同様、冬季には十分、気をつけたい病気です。

そして、高齢者の場合は、症状がどんどん悪くなり最悪の場合、死にいたるケースもありますので、ノロウイルスは単に感染症ではなく、怖い病気なのです。一般では、症状として、冬場に嘔吐や下痢をしてしまうケースは、ノロウイルスに感染したと考えていいでしょう。だけど、下痢や嘔吐が確認できても、ノロウイルスなのか、そうじゃないのか、症状だけで判断はで難しく、診断も出来ないでしょう。

スクリーニング検査

ノロウイルスか診断する際は、患者の便や嘔吐物を使用して検査を行います。更に、こういった病原菌のウイルスは、細かいので、通常の顕微鏡では発見が難しいです。電子顕微鏡を使用する必要があり、更に、報道など目にすることがあるように、丸くて薄いカラスケースにウイルスを増殖させてから確認するケースもあります。

更に、診断方法として、酵素を使用し、ウイルスを反応させることにより、判断するスクリーニング 検査などもあります。この方法は手っ取り早いやり方なのですが、判断のために は大量のウイルスがいるので、便などで少量のウイルスしか取れなかったケースでは行えません。 ですので、この検査を受ける際はしっかりとした検査で間違いない病院で受けるようにしましょう。できるだけ 大きな病院で診察を受けるとこの点は安心になりますので多少遠くても大きなところを選びましょう。 小さな病院だと断られることさえあるのです。対応するための体制がしっかりしていないところでは、2次感染を 防ぎきれないのです。また引き受けてくれても、病院自体が小さいので、1人の感染が一瞬で回りに影響するのです。 そうなると一つの病院で対応できなくなる場合もあるのです。

ノロウイルス感染の基礎知識