ノロウイルスの二次感染のとても大きな能力

サイトマップ

トップバナー

二次感染能力

次第に発作の間隔は狭くなる

人の体の中に侵入し、繁殖した、ノロウイルスは、体内で増殖し、糞便の際には嘔吐物とし、体の外へと排出されて いくのです。こうして、嘔吐物や糞便が感染源となった、人から人へ、感染が広がりノロウイルスが、流行っていくの です。そして、ノロウイルスは、この感染者から伝染る二次感染能力が、とてつもない力になる点も、 分かりやすい特徴であるでしょう。

この、ノロウイルスの潜伏期間は、基本的に、1日から2日程度だといわれています。この潜伏期間というものは、 知っている人はあまりいないと思うのですが、ノロウイルスなどのウイルスが、体内に入ってしまって、繁殖しだしてから、 ウイルス感染症の症状(ノロウイルス感染症)を、発症してしまうまでの、期間のことです。

無症候性高尿酸血症について

そして、感染してしまったのちの、潜伏期間は約20時間から48時間程度だといえます。そして、ノロウイルスの、 潜伏期間は20時間から48時間ほどの時間により、感染したその当日に、症状が確認できる場合もあるので、一概に、 この時間からこの時間という風には、言えないのです。そして、たまに感染後半日程度と比較的早期に嘔吐や下痢といった、 症状を発症する場合もあるのです。

嘔吐や下痢、最終的な発熱は、ノロウイルス感染による代表的な病状ですが、一般的には、2から3日程度で病状が、 ゆっくりと回復し重症化するような、場合はほぼないといえるでしょう。次に、二次感染期間と予防対策です。 感染したのちに、発熱、嘔吐下痢を確認し、発症した場合、2から3日経過していくと、病状は回復していくのではないかと おもいます。

体の中のウイルス

体の中のウイルスは感染力も弱くなり発症後1週間ほどでウイルスを飛ばすことはなくなります。ですが症状が回復してくる 回復期に入っても2から3週間ほどノロウイルスが体で粘り強く活動する場合もあるので、症状が回復してきたように感じても 自分自身が二次感染の感染源となってしまう場合も考えられるので注意が必要だといえるでしょう。

また、回復期に入っても2から3週間ほど、ウイルスが生きているケースもあるので、二次感染の感染根元となりうる、 危険性もあるのです。ノロウイルスは全部、経口感染という、口からの感染であるため、感染者の糞便や嘔吐物といったものに 触れたり、空気中にまっているウイルスなどを、口から吸い込んだら、飛沫感染によって感染してしまったりしてしまいます。

徹底した消毒を行うこと
ノロウイルスにかかった子供

乳幼児が下痢になった時などおむつ交換をするには、ビニール手袋や、おむつの交換処理には徹底した消毒を行いウイルス感染源 とならないような予防対策をしなければなりません。主婦の方は毎日の家事で食器や食材に触れる機会が多いので、 家族内にウイルスを撒き散らす感染源にはならないようにした、細心の注意を払う必要があります。やりすぎでは、というくらい でもまだ足らない、という位の認識でよいほどです。

ノロウイルス感染の基礎知識