大きさを知る事でノロウイルスの予防ができる

サイトマップ

トップバナー

ノロウイルスの大きさ

危険性が示唆されている

ノロウイルスの大きさは、直径27nm~37nmです。RNAをもち、カプシド構造体を持った小さな球形のウイルスなのです。 (1nm=100万分の1ミリ)ノロウイルス感染症はウイルス性食中毒の代々的なものの感染症であり、厚生労働省の調査では、 感染者数が年々増加傾向なウイルス性食中毒とし危険性が示唆されているウイルスなのです。

前は小さい球形状のウイルス形状なので小型球形ウイルス(SRSV)と名前がついてましたが、2002年に開催された 国際ウイルス学会で「ノロウイルス」と世界的に称号が同様に発表されています。ノロウイルスがもっとも競うのは冬です。 毎年冬になればお子さんが学校単位でのノロウイルスの集団感染が発生したという報道をよく目にします。

秋の終わりから冬場に起こる事が多い

本来は、年間を通し、どの季節であっても発症してしまうウイルスなのですが種類的に夏場に多く感染症が拡大するのに対して、 ウイルス性感染症は乾燥の強い冬場に多く発生してしまいます。それは、ノロウイルスでも同様で、 幼稚園や小学校でノロウイルスでの集団感染が起こるのは秋の終わりから冬場に起こる事が多いといえます。

そして冬場に、ノロウイルスのせいで起こる、食中毒がたくさん発生する根元は、日本人は、特にこの冬に市場に、 沢山出てくる食用の生牡蠣が感染源の原因の1つとなってしまうことも影響しているでしょう。ノロウイルスによる集団感染の 特徴は、冬に多くみられることが発表されていて、食用の生牡蠣などは、食中毒を引き起こす、原因、 感染源となってしまうのです。

手間をかけなければ死滅しないウイルスなので、これも特徴の1つだといえます。塩素や熱に対し、比較的強い耐性がある、 ウイルスでなので、水道水に入っている塩素では死滅は不可能となります。そして、食中毒の対策とし、 加熱調理をしたケースだとしても、60度程度の温度は実際に10分以上加熱してもノロウイルスは生存出来るのです。

感染経路

顕微鏡でみるノロウイルス

そして、ノロウイルスの感染源・感染経路ですが。ノロウイルス感染症の感染源の、原因となる食品の代表は「二枚貝」 といえるでしょう。ですが、ノロウイルスは前に、紹介した通りに、熱に耐性がある、厄介なウイルスなのです。 加熱が不十分なまま、二枚貝を食べた時に、ノロウイルスは体内に、入っていき胃腸内の細胞に付着し、増殖するのです。

十二指腸・小腸の細胞の中で増え続けていく

そして、ノロウイルスによる食中毒で急性胃腸炎が多く発表されているのは、十二指腸、小腸内の細胞に、付着し、 増殖していく、RNA遺伝子を武器に、繁殖を果たす必要があるからです。特徴をあげましょう。ノロウイルスが原因となった、 食中毒とは、胃腸炎を発症するのです。そして、このウイルスは、十二指腸など、小腸といった、細胞の中で、増え続けます。

ノロウイルス感染の基礎知識