貝以外にも生息する海水中のウイルス

サイトマップ

トップバナー

ノロウイルスと貝

感染の危険性

ノロウイルスの根元となるものと言えば、あなたはどういった食材をイメージしますか?一番最初に「カキ」を思い浮かべる人が多いと思います。テレビなどで集団食中毒の報道を度々、耳にしますが、確かにナマガキが根元でウイルスに感染したという場合も多くあります。だけど、カキに限らず、二枚貝を、生で食したり、加熱を十分ではないと、それらが根元になりノロウイルス感染の危険性が出てきます。

なぜ、二枚貝やカキから、我々はノロウイルスを患ってしまうのか、みなさんは考えたことがありますか?さて、本来、なぜカキなどはノロウイルスがあるのでしょうか?そして、我々、人間が本来の根元を作成しているということがあげられます。

少しのウイルスでも海や川に流失

初期の根源や経路はどういったものでも、ノロウイルスに感染した人間は、嘔吐や下痢の症状が確認できますが、そういったものはトイレに流され、最後には下水処理場へ流失されます。更に、下水処理場では、下痢便や嘔吐物に含まれた全部のウイルスを排除することが難しいので、少しのウイルスでも海や川に流失されてしまします。

更に、二枚貝や、カキは食料としてプランクトンを食しますが、その時、大量の海水も飲み込みま す。カキの内臓には、ウイルスのみが残り、それが日に日に、濃縮され、たまっていくのです。な のでノロウイルスが繁殖した貝を生で食したり、加熱が十分でなかったりした場合、人間 が感染するのです。カキからノロウイルスに感染するのを防止するには、85度以上で一分以上加熱 すれば、菌が死滅しますが、それ以下の温度だったり加熱時間が足りないと菌が残ってしまうのです。

海水の中にいるウイルス

カキは海水の中にいるウイルスは、悪いものを吸収し、ろ過し、自分の体内に溜め込むことが可能な貝なのです。なので、海が汚染されたところでカキを育成すると、海水が綺麗になるという研究結果が出ています。カキは、まるでノロウイルスの原因と知られていますが、本来は環境汚染が進んで時において、こういったカキなどの二枚貝は必要不可欠となります。

カキが大量の海水をプランクトンと一緒に飲み混み、のち、海水を排出してしまうので、時にウイルスも出されればいいですが、貝の構造上、それは無理なようです。あなた方も生きたハマグリやアサリをご覧になったことがある人は、大量の水を吐き出すのをご覧になったことがあるはずです。

ポイントイラスト貝に蓄積される
海

あるとき、既に体内にウイルスを蓄積してるので、その分、海水が綺麗になっているという原理だといえます。なぜ、貝が感染源になりううるのか、先ほど、下水を河川に流すためと紹介しましたが、貝が育つための場所は、食糧となりうるプランクトンが多くいる場所です。そうなれば、川の下流近くが最適となり、こういった場所は、貝の養殖場となるケースが多いです。

様々なことを含め、ノロウイルスが、どうして貝に蓄積されるのは、原因を知れば、カキが悪いのではなく、人間が悪いといえます。更に、カキ以外の貝は、カキのようにウイルスを中に溜めてるということじゃないですか?

ノロウイルス感染の基礎知識