ノロウイルスはとてもしぶとく危険な菌

サイトマップ

トップバナー

そもそもノロウイルスとは

感染予防

これを見ている人は、ノロウイルスを知っていますか?冬の乾燥する時期になると、新聞、テレビなどで報道されているので、知っている人も増加傾向であります。新聞やテレビをご覧ならば、施設で集団感染や、高齢者が亡くなったなど、ノロウイルスを含んだ内容の報道も多いですね。更に、女性にあてたの雑誌であれば、ノロウイルスを防止するための策を見出しにまとめている雑誌もあります。

そして、お子さんは勉強などで、ノロウイルスはどういったものかわかるので、感染予防に対し策を練っているようです。保健体育の時間に、ノロウイルスの感染防止に対し勉強する時間も供えられているようです。

亡くなる人もいるのも事実

特に学校は感染が広がると大変なことになりますし、子供達が感染するとしたらやはり学校が一番、感染しやすい場所でもあるので、それだけ対策に力を入れていると思います。ノロウイルスに感染するか、どうか、冬場が勝負ですので、なんとか家族全員が感染せずに、元気で冬を乗り切りたいものですよね。

更に高齢な人だと、抵抗力が下がるので、ノロウイルスで亡くなる人もいるの も事実のようです、テレビで死亡のニュースを耳にします。なので、ただの感染病、大丈 夫と思ったり、幼児や高齢者が住んでいる家庭は、もっとも感染防止を心がけねば、命に関わ ってしまうでしょう。祖父祖母が住んでいる家は、丁寧な手洗いやうがいなどを行うことに 対し、高齢者に正しい説明が大切になります。これは高齢者は免疫力が弱く、感染すると 症状がひどくなるので、当然のことですよね。

男性に多い訳

腹痛の男性

高齢者が住んでる家庭では、うがい、手洗いのノロウイルス防止を正しく行っているか、住む人が確認することが必要不可欠となってくるでしょう。そして、元はといえば、このノロウイルスは、どういった経路で体内に侵入するのでしょうか?ノロウイルスにより発症する嘔吐、下痢といったものは、もとはといえば2枚貝やカキ、貝類を摂取したら発症してしまうようです。

感染経路もノロウイルスの恐ろしい所

納得はできますが、ノロウイルスになった人がみんな、貝類を摂取したということにはならないのです。 初期の感染は、こういった貝類だとしても、のちに、施設内、家庭、人から人へと、次から次へとウイルスを繁殖させていきます。感染経路もノロウイルスの恐ろしい所でしょう。家でどなたかひとりがノロウイルスに感染すると、家族全員がなってしまう場合も多く、学校や高齢者施設といった場所では、一度にたくさんの人が患ってしまいます。

ウイルスイメージ

知っているように、ウイルスは肉眼で確認できないので、どこにあるかわからないし、どこで感染するかも全く分からないので、恐怖です。防止を正しく行わないと、気付かぬうちに自分がノロウイルスになり、気付けば嘔吐、下痢の症状に悩ませられるでしょう。

ノロウイルスがここまで取り上げられているのは、感染力がかなり強力なものとなっているからです。 感染する力が高いので、施設、集団発生する場合も多く、抵抗力が弱い赤ちゃん、乳幼児、高齢者は、感染しや すいから、正しく予防しなければなりません。大人と違い免疫力の違いもあるので、お子様をお持ちの方はしっ かりと基礎知識をみにつけましょう。自分と同じ予防法では足らないのです。自分の数倍の予防対策を施すくらい気を使った 丁度良いのです。

ノロウイルス感染の基礎知識